収益物件の買取をする【賢く売買ファイナンス特報】

不動産

不動産投資で収益を上げる

不動産投資で気をつける点

不動産

不動産投資を行う時は、良い収益物件を手に入れる必要があります。収益物件というのは、家賃収入によって収益を得るために購入する物件のことです。家賃収入の入ってこないような物件では、収益を上げることができないのです。収益物件には3種類あります。住居系、事務所系、テナント系です。初めて投資をするなら住居系がおすすめです。価格の幅が広いので色々な物件から探せます。また収益物件を購入する場合には、銀行などの融資を受ける人が多いです。その場合、収益性が高い物件ほど融資が受けやすくなります。この点を踏まえて、これから不動産投資を行う人は、収益性の高い物件を探す必要があります。収益性の高い物件とは、空室リスクの低い物件のことです。

収益性の高い物件の特徴

空室リスクの少ない収益物件の特徴は、利便性が良いことです。交通の面では駅から徒歩で10分以内です。利用できる路線がたくさんあり、ターミナル駅へのアクセスが良ければ最高です。また、周辺環境が良いことです。商業地域が近くにあり、公共施設や病院なども歩いて行ける距離にあれば立派な収益物件です。これらの特徴は立地に関するものです。空室リスクの少ない収益物件のもう一つの特徴は、建物の管理やメンテナンスがきちんと行われていることです。管理会社の雇った管理人が常駐していると安全性が高くなり、入居希望者が増えます。定期的に清掃スタッフが共有部分の掃除をすることも大事です。これらの特徴を持っている物件なら、投資しても空室リスクが少なく、大きな収入をあげることができます。